交通事故の被害

交通事故で被害に遭った場合には、打ち所が悪いと後遺症が残ってしまうことも珍しくはありません。しかも後遺症というのはある程度時間が経過してから出てくることもあるので、強く体を打ってしまった場合には、物損事故として処理をするのではなく、人身事故にしておいた方がよいでしょう。このような点も警察が現場検証に来たときに報告をしておくべきです。そうしないと、後から後遺症になったことがわかっても、慰謝料請求が困難になります。

遷延性意識障害軽い場合であっても後遺症には等級が定められているので、14級に認定してもらえば、慰謝料を請求することが可能になります。後遺症になった場合の慰謝料の支払いというのは、この等級が大きく影響してくるのですが、他にも被害者の過失割合が大きく影響してくるのです。後遺症とは言っても、1種類しか存在していないわけではなく、いろいろな種類が存在しているのですが、かなり酷くなってしまうと遷延性意識障害になるケースもあるので恐ろしいと言えるでしょう。

遷延性意識障害というのは、簡単に言えば植物状態のことで、後遺症の種類の中でも最も重いと言われているのです。もし認定されれば、当然1級になる場合が殆どでしょう。体も動かせませんし、意識がないので話をすることもできる状態ではありません。このような危険な交通事故を起こさないという意識が大切になるのです。当サイトでは交通事故の被害の中でも、後遺症に関することを中心に解説させていただいています。