よくある後遺症

むち打ち後遺症の種類はいろいろとあるのですが、その中でも最も多くなっていると言ってもよいのがむち打ちと呼ばれている症状です。別名を頚部捻挫と呼んでいるのですが、頭部や背中の上部辺りを強く強打することで発生することがある後遺症になっています。昔は発見しにくいと言われており、ある程度時間が経過してからおかしいと思って精密検査をすることで発見される場合もあったのです。

しかし、現在では医療技術の向上により、昔に比べて発見されやすくなっています。基本的にはある程度低い等級に認定されてしまうことが多いのですが、神経症状を残してしまうのが一般的なので、決して油断することはできません。注意するべき点は、交通事故が発生した当初は、あまり症状が出ない場合が多いという点です。そのため、物損事故として処理してしまうと、賠償してもらえない可能性があります。

後になってから後遺症が出て、加害者に請求する人も多いのですが、加害者は安易に応じてはいけません。被害者が弁護士に訴えることもあるので、このような場合にはこちらも弁護士に相談をしてみるべきでしょう。このようなトラブルにならないためには、物損事故ではなく人身事故として処理してもらうことが重要になります。